イベント情報

現在、開催予定のイベントはありません。

映像制作のスキルアップに!海外の有名クリエイター特集

最近はシネマティックなVLOG動画を作る人が増えてきており、YouTubeなどでもオシャレでカッコイイ動画をよく見かけるようになりました。

YouTubeやインスタグラムに動画を投稿するのなら

「オシャレでセンスのあるカッコイイ動画を作りたい」

「映画やCMみたいな映像を表現したい」

といった願望を多くの方が抱くのではないでしょうか?

今現在、一線で活躍する動画クリエイターも最初からハイレベルな動画を作れたわけではありません。最初は誰もが右も左も分からない初心者から動画制作をスタートしています。

ただ、多くの動画クリエイターに共通していることは映像制作を始めるキッカケとなった動画があったり、影響を受けたクリエイターやお手本にしている映像作家が存在するということ。

特に海外に目を向けると、先駆的な存在のクリエイターが多くて日本の動画クリエイターにも大きな影響を与えています。

そこで今回は動画撮影時における構図やカメラワーク、また編集テクニックなど、映像制作のお手本となる海外の動画クリエイターをご紹介したいと思います。

【憧れる映像クリエイターの代名詞】Peter McKinnon(ピーター・マッキンノン)

Peter McKinnon(ピーター・マッキンノン)はカナダを本拠地に活動するクリエイターで、映像だけでなく写真家としても有名。YouTubeチャンネルの登録者数も570万人を超えており世界中のクリエイターに大きな影響を与え続けています。

YouTubeで発信する内容もドキュメンタリーやショートフィルムといった作品以外に映像制作のチュートリアルやVLOGなど多様。特に工夫を凝らした撮影方法やAdobeの「Premiere Pro」「Lightroom」「Photoshop」「After Effects」のチュートリアル動画は参考になります。

またカメラ用品の監修もしていて、クリエイター目線から考えられたカメラアクセサリーや可変NDフィルターなどをプロデュース。特にカメラバッグはデザインと使いやすさの面から大ヒットしています。

Peter McKinnonプロデュースのカメラバッグはこちらからチェックできます。

【バズる動画の先駆け的存在】Casey Neistat(ケイシー・ナイスタット)

Casey Neistat(ケイシー・ナイスタット)はアメリカのニューヨークを本拠地に活動するクリエイターで、日常を動画で配信するVloger・YouTuberの先駆け的存在として有名。

YouTubeのチャンネル登録者数も1,200万人以上で世界中の動画クリエイターに多大な影響を与えています。街中をスケートボードで滑走しながら撮影する手法は多くのユーチューバーが真似したはず。

飛行機の超高級ファーストクラスで移動する様子や大雪の市街地をスノーボードで走行するなど、Casey Neistatの動画は企画そのものがブッ飛んでいて、バズる動画の体現者となっています。

作る動画のスケールがあまりにも大きすぎて、一般人がそのままお手本にするのは難しいかもしれませんが、撮影手法のアイデアや編集でのカットのつなぎ方、また動画と音楽の合わせ方は非常に参考になるので、カッコイイVLOGを作りたい方は要チェックです。

【誰もがテクニックを真似する】Sam Kolder(サム・コルダー)

Sam Kolder(サム・コルダー)はカナダ出身の映像クリエイターで、若くして世界中に影響を与える存在となっています。

YouTubeのチャンネル登録者数は125万人(2022年4月時点)。世界中の絶景を映像で配信しており、Sam Kolderのライフスタイルにあこがれている方も多いのではないでしょうか。

カッコよくてオシャレな動画を作りたいクリエイターなら誰しもがSam Kolderのサムネイルやトランジションを一度は真似したはず。

若さと身体能力を存分に活かした映像作品は見るものを引きつけるに十分。普段の生活では目にすることのない壮観な映像美に魅了されること間違いありません。特にドローンと水中での映像は素晴らしいので、ぜひ一度ご覧になってください。

Instagramでも積極的に映像作品を投稿しているので、こちらも要チェックです。

【物撮りイメージショットの天才】Daniel Schiffer

Daniel Schiffer  (ダニエル・シファー)はカナダ出身の映像クリエイターで、動画のインサートやイメージショット撮影の上手さで有名。

YouTubeチャンネルの登録者数は216万人(2022年4月時点)で撮影の裏側を配信してくれています。工夫を凝らした撮影方法やカメラワークのテクニックも公開してくれているので、とても興味深い内容になっています。

特に料理動画や物撮りの参考になる動画を投稿してくれているので、CMなど商品をカッコよくPRする動画を作りたいならチェックしておくのをオススメします。

【オシャレなVLOGといえば】TaylorCutFilms

TaylorCutFilms(テイラー・カット・フィルムズ)も世界中の映像クリエイターに影響を与えている存在。YouTubeはもちろん、Instagramでも多くのフォロワーから人気を得ています。

世界中を旅している様子を美しい映像作品として公開してくれており、カメラワークやカットのつなぎ方、効果的なトランジションの入れ方、映像と音楽の合わせ方が秀逸でお手本としては最適です。

これまでも多くの映像クリエイター、特にオシャレでカッコイイVLOG作品を作りたい人はTaylorCutFilmsの撮影と編集方法を真似してきたのではないでしょうか。

ドローン撮影やカラーグレーディングの参考にもなるので、ぜひTaylorCutFilmsのYouTubeチャンネルやInstagramアカウントをチェックしてみてください。

どんどん真似をしてテクニックを向上させよう

MV撮影する動画クリエイター

今回は5人の映像クリエイターをピックアップしてご紹介しましたが、世界中にはまだまだ多くの素晴らしいクリエイターが存在します。

YouTubeやInstagramなどSNSのおかげもあって気軽に他者の映像作品を視聴できるようになっているので、お手本となるクリエイターを見つけて撮影や編集のテクニックを磨いていきましょう。

この記事を書いた人

ミナミ シゲユキ

フリーランスの動画クリエイター。
都市部と地方とで生じている情報・貧富・機会の格差問題を解消すべく、各地の団体を訪問して、ITサービスや動画の活用方法をサポートしています。
時代の流れに合わせて柔軟に対応し、 時間と場所にとらわれないワークスタイルの確立を目指し活動中。

大阪 動画機材のトライアルショールームご案内

映像機材の購入を検討してるけど、作ってみたい動画がキチンと作れるのか?色々試して確認でしたい。いきなり高額な商品を買うのは心配だなという方に向けてお試しできるショールームをご用意しています。

動画つくーるのオンラインストア

動画つくーる選りすぐりの動画機材をオンラインでも販売しています。

マンツーマンで学べるプライベートレッスン

動画つくーるのスクールなら、撮影・編集・制作等の専門の動画技師からマンツーマンで動画制作を学ぶことができます。

作りたいものをヒアリングして、そこから必要な最低限の知識だけも学ぶことができるので、時短最速で習得するということも可能です。是非お問い合わせください。