イベント情報

  • iphoneだけでOK!初心者から始めるスマホ動画入門講座

     2020.10.17  14:00 - 15:30

    高価なカメラやパソコンがなくてもiPhoneだけで実用的な動画の撮影・編集ができる方法を教えます。
    【参加費】¥4,000
    ➡︎ 参加申請する

  • iPhoneでの動画制作セミナー 1日コース(座学+実習)

     2020.10.31  10:30 - 15:00

    iPhoneを使用して、動画制作の楽しさを1日を通して学ぶコースです。参加申請はクラウドファンディングで受付中です。
    【参加費】¥10,000
    ➡︎ 参加申請する

  • 【オンライン相談会】未経験者の為のはじめての動画撮影相談会 60 分

     2020.11.06  19:00 - 20:00

    「動画制作全般」におけるオンライン相談会です。ZOOMで配信をさせて頂き、遠方のお客様もまずはお気軽に、動画制作に関して相談して頂くことができます。*参加申請はクラウドファンディングで受付中です。
    【参加費】¥3,000
    ➡︎ 参加申請する

【動画機材のプロが教える】おすすめ動画編集用パソコンの選び方

BTOパソコンの画像

ここ数年はYouTubeの影響で動画編集をする人が増えてきています。

そういった方々の共通するお悩みで、「動画編集に最適なパソコンはどこで買えば良いのか?」という声をよく耳にします。

ハッキリ言って、「近所の家電量販店で店員さんの言われるがままにパソコンを購入するのはコスト面と性能面の両方から考えて全くオススメできない」ということです!

家電量販店の店員さんが動画制作の専門家であるという確かな証拠があれば良いのですが、そんな可能性は限りなく低いです。

一般の作業と違って、動画編集にはある一定以上の性能が必要となってきます。

だからといって、動画編集用に高性能のパソコンを店員さんに用意してもらうと、必要以上に高額なパソコンをすすめられて余計な出費をすることになってしまいます。

結論を言うと、動画編集用のパソコンはコストと性能の両面から考えて、BTOのパソコンショップで購入するのをオススメします!

特にインターネットのショップだとカスタマイズ性がとても高いので余計な物にお金を使う必要がなくなります。

とはいえ、「パソコンの性能に詳しくない」「ネットでパソコンを買うのは不安」という方が多いのも事実です。

そこで、動画編集に最適なパソコンをお得に安心して購入できるショップを紹介しますので、これから動画編集を始めようと考えている方やパソコンの買い換えを検討している方はこの機会にぜひチェックしてみてください!

結論として、動画編集はBTOパソコンがオススメ

パソコン費用の画像

「BTO」とはBuild To Orderの頭文字を取って略したもので、受注生産を意味します。

一般に市販されているパソコンと違って、パソコンの各パーツ部品を目的や予算に応じて自由に選ぶことができるものを「BTOパソコン」といいます。

パソコンを自分の用途に合わせて構成することができ、不必要なパーツやソフトを取り除くことができるので、高性能なパソコンをコストを抑えて購入することが可能です。

「パーツは自分で選びたいけど、自作で組み立てるのは不安だ」という人にはピッタリ。

BTOパソコンならメーカーのサポートがしっかり付いているので、もしもの時も安心できます。

家電量販店で販売しているパソコンはメーカーの都合でパーツが構成されていたり、不必要なソフトが事前にインストールされているので、性能の割に価格が高く、動きが重くなる傾向にあります。

以上のような理由から、動画制作者やCG製作者、VR制作者、CAD設計者といった方々がBTOパソコンを選択するケースが多いです。

目的別でパソコンを選ぼう

パソコン内部の画像

パソコンを購入するときに忘れないでほしいのが「何をするためにそのパソコンを買うのかということです。

ここでは「どんな動画を作るのか」を思い描いてパソコンを選ぶようにしましょう。

でないとスペック過多で余計な出費をしてしまったり、動きが重くて編集に時間がかかったりしてしまいます。

ハイスペックなパソコンを選ぶ

プロを目指す、映画やCMを作る、4K動画を作るのであれば、高性能なWindowsのBTOパソコンが性能と価格の両面で最適です。

パーツを上手に組み合わせれば20万~30万円台でプロでも十分に通用する高性能なパソコンを組み上げることができます。

コストパフォーマンスを重視したパソコンを選ぶ

「動画を扱えるパソコンが欲しいけど、とにかくコストを抑えたい」というのであれば、初心者向けに構成したWindowsのBTOパソコンが一番お安く購入できます。

キャンペーンを利用して掘り出し物を探せば、10万円以下で動画編集できるパソコンも見つかります。

AppleのMacBook Proを選ぶ

MacBook Proの画像

「パソコンの中身、パーツや部品のことはよくわからない」「初めて動画編集用のパソコンを購入する」「YouTube用の動画編集をするぐらい」という方はAppleのMacBook Proを選べばアレコレ思い悩まずに済みますし、いろんなワークスタイル、ライフスタイルに対応できます。

ちなみに筆者である私は、自宅用にWindowsのBTOパソコン、外出先ではMacBook Proといったふうに状況に合わせて2台のパソコンを使い分けています。

【2020年8月現在】動画編集用パソコン性能の目安

マザーボードの画像

動画編集用パソコンの性能を判断するときに確認する項目として

  • CPU
  • メモリ(RAM)
  • ストレージ
  • グラフィックボード(GPU)

以上の4点をチェックするようにしましょう。

ストレス無く、快適に動画編集がしたいのであれば

  • CPUは「Intel Corei7」か「Ryzen7」以上
  • メモリは16GB以上
  • ストレージのタイプはSSD
  • 独立グラフィックボードを搭載

以上のパソコンを選ぶようにしましょう。

4K動画を編集するのであれば

  • CPUは「Intel Corei9」か「Ryzen9」
  • メモリは32GB以上
  • ストレージのタイプはSSDで容量が500GB~1TB
  • グラフィックボードは予算の許す限り高性能なもの

以上の構成にしておくことをオススメします。

動画編集用パソコンのおすすめメーカー紹介

それでは、動画の初心者からプロまで、安心してオススメできるBTOパソコンメーカーを紹介します。

ドスパラ

ドスパラのWEBサイト画像

ドスパラはBTOパソコンの中では人気と知名度がトップクラス。

価格と性能のバランスが良く、総じてコスパが良いので人気が高いのも頷けます。

分割払い48回まで手数料無料なので、一括払いが難しい人にとってはありがたい限り。

映像・イラスト・RAW現像・動画配信・3DCGといった、クリエイター向けにパーツを構成したシリーズもあるので、迷うならドスパラを選ぶというのもアリだと思います。

電話サポートが365日対応してくれるのも初心者にとっては安心できるポイント。

中古パソコンの種類も豊富なので、新品中古にこだわらない人はコストを更に抑えることができます。

マウスコンピューター

マウスのWEBサイト画像

テレビCMでもよく見かける有名な大手BTOメーカーで、信頼性や安心感があります。

動画制作に限らず、一般ビジネス向けのパソコンからゲーム用まで幅広いパソコンを取り扱っていますが、種類が多すぎて比較したり選んだりするのがチョット大変。

電話、メール、LINEで365日24時間体制のサポートがあったり、修理のスピードが早いのでパソコン初心者にとっては頼もしいメーカーです。

パソコン工房

パソコン工房のWEBサイト画像

初心者向けから上級者向けまで全体的に安くて高性能なラインナップ。

店舗も日本全国にあり、対面でサポートを受けたい初心者にとっては安心して購入できるショップです。

電話サポートも24時間体制なので、パソコンの知識が少ない人にとってはイザというときに助かります。

他のBTOショップに比べるとカスタマイズ性は低めなので、パーツの構成にこだわりたい人には向いていません。

ツクモ

ゲーム用のハイスペックパソコンが人気のメーカー。

電話サポートは24時間対応ではないものの、土日祝もやってくれているので初心者でも安心できます。

BTOメーカーの中で飛び抜けて安いという印象はありませんが、パソコンのパーツがどこのブランドなのかが明記されているので全体的に信頼度が高く、悪い評判が少ないです。

サポートの評判もよく、修理保証も充実しているのでリピーターが多いメーカーです。

Apple

MacBook Proの画像

多少のコストは気にしない、スタイリッシュなパソコンがほしいのであればAppleの「MacBook Pro」という選択肢もアリです。

  • パソコン部品のカスタマイズがよくわからない
  • 選択肢が多すぎて選べない
  • YouTube用の動画編集をするくらい

という人もMacBook Proを選べば、そこまで悩まずに済みます。

また、動画編集ソフトは「Final Cut Pro」「iMovie」を使いたいというのであれば、パソコンはMacを選択するということになります。

13インチのモデルでも問題ありませんが、ストレス無く動画編集をしたいのであれば、グラフィックボードを搭載している15インチ以上のモデルを選んだほうが良いでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

数あるBTOパソコンの中から代表的でオススメできるメーカーを紹介させていただきました。

正直なところ、どのメーカーも甲乙つけがたく、どこで購入しても間違いはないと思います。

あとはパソコンが欲しいタイミングで、最適なキャンペーンをやっているショップで購入するのが一番賢い方法になるのではないでしょうか。

MacBook Proを操作する画像

私の経験から言うと、動画編集用のパソコンを家電量販店で買うと高確率で後悔することになるということです。
後もう一つ、必要以上にコストを抑えすぎるのも後で後悔する結果になってしまいます。

ストレス無く作業を進めるには、ある一定の性能のパソコンが必要です。
決して安い買い物じゃないので、よく考えて快適に動画制作ができるベストなパソコンを見つけてください。

動画つくーる

動画制作セミナー開始

撃戦地てんちょーによる動画教室

動画つくーるの撃戦地てんちょーが、動画制作のセミナーを開始しました。
ご興味のある方は是非コチラからご連絡ください!

この記事を書いた人

ミナミ シゲユキ

ミナミ シゲユキ

フリーランスの動画クリエイター。
都市部と地方とで生じている情報・貧富・機会の格差問題を解消すべく、各地の団体を訪問して、ITサービスや動画の活用方法をサポートしています。
時代の流れに合わせて柔軟に対応し、 時間と場所にとらわれないワークスタイルの確立を目指し活動中。

大阪 動画機材のトライアルショールームご案内

映像機材の購入を検討してるけど、作ってみたい動画がキチンと作れるのか?色々試して確認でしたい。いきなり高額な商品を買うのは心配だなという方に向けてお試しできるショールームをご用意しています。

撃戦地てんちょー

動画つくーるのYouTubeチャンネル始めました!

動画つくーるトライアルショールームの店長、瀧野恵太がYouTubeチャンネルをはじめました。

「動画つくーるチャンネル」は、動画を作る人に向けて〝動画の作り方〟を学べる情報を配信や、ショールームのお知らせを紹介して行きます。

毎週金曜日に17時30分に投稿しますので、見てくださーい!