イベント情報
  • iphoneだけでOK!初心者から始めるスマホ動画入門講座

     2021.06.22  10:30 - 12:00

    高価なカメラやパソコンがなくてもiPhoneだけで実用的な動画の撮影・編集ができる方法を教えます。講師ミナミシゲユキ
    【参加費】¥4,000
    ➡︎ 参加申請する

  • 『映像信号変換のコンバーターって何? -特殊なことをする時に役立ちます- 』トークspace交流会

     2021.06.24  18:30 - 19:30

    未経験者の方大歓迎!プロアマ問わずお話ししましょう。聞くだけOKのゆるいトークspace
    是非一緒にリアルタイムの会話に参加しましょう
    ➡︎ リマインドする

  • YouTubeLIVE

     2021.06.25  19:00 - 20:30

    動画つくーる人をトータルコーディネートする撃戦地てんちょーのYouTubeです。毎週ホットな動画情報をお届けします
    【無料相談コーナー有ります】
    ➡︎ リマインドする

【動画機材のプロが教える】最新版iPhone 12 / Pro / Pro Max / miniの動画撮影機能

iPhone12の画像_01

Appleから新しく「iPhone12」シリーズが発売されました。前のモデルの「iPhone11」シリーズから一番大きく進化したポイントはカメラ機能と言ってもいいでしょう。

一般的にスマホで写真や動画を撮影する機会が増えているので、カメラ機能を重要視して機種を選ぶって方も多いと思います。

しかし、プロのカメラマンやスマホの機能に詳しい専門家でもない限り、

「何がどう変わったのか?」

「何がスゴイのか?」

「どの機種を選べばいいのか?」

「iPhone12は買いか、次の13を待った方が良いか」

サッパリわからないのが正直なところ。

そこで、スマホやカメラの専門的なことが分からない方でも理解できるように「iPhone 12」シリーズのカメラと動画撮影機能について解説します。

「iPhone 12」シリーズへの機種変更を検討している方は4種類のうち、どのモデルのiPhoneを選べばいいのかの参考にしてみてください。

「iPhone 12 / Pro / Pro Max / mini」カメラ機能の違い

まず、見てもらえばわかるように付いているレンズの数、種類がちがいます。

iphone-compare-image-01
出典:Apple
iphone-compare-image-02
出典:Apple

iPhone 12とiPhone 12 miniにはレンズが2個、iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxにはレンズが3つ付いています。

iphone-compare-image-03
出典:Apple

iPhone12とiPhone12miniには広角レンズ超広角レンズの2つ。iPhone12ProとiPhone 12 Pro Maxには広角・超広角に加えて望遠レンズが付きます。

広角レンズとは標準レンズより広い範囲を映すことができるレンズで、超広角はさらに広く映すことが可能なレンズになります。望遠レンズとは遠くのものを大きく拡大して映すことができるレンズです。

つまりProシリーズの2機種はレンズの倍率を変えることで遠くのものを大きく拡大して映すことができるということ。さらに、ProMaxは望遠の性能がProより高く、遠くのものをより大きく撮影することができるということです。

A14バイオニックチップにより処理速度が速くなった

iphone-image_01
出典:Apple

iPhone12シリーズに内蔵されているバイオニックチップが前のモデルの「A13」 から「A14」にワンランク上がることによって、より美しい映像を撮影する機能を搭載ことができるようになりました。

バイオニックチップとはパソコンの「CPU」にあたるもので、ユーザーが行う操作やアプリから受け取る全ての指示を処理するパーツです。

公表されている情報では他のスマホより最大50%早いとのこと。

また、処理能力が上がることによりバッテリーの持ちも良くなってます。

大きくなったセンサーサイズでより美しく撮影できるように

iphone-image_02
出典:Apple

スマホ以外にも一眼レフ、ビデオカメラには中に「センサー」というものが入っていて、センサーの大きさがカメラの性能の大きな部分を占めます。

一般的に性能が高いカメラ、価格が高いカメラほどセンサーのサイズが大きくなります。

センサーが大きいほど、光をたくさん取り込める。光をいっぱい取り込めることで、キレイに撮れる、暗い場所に強い、背景がボケやすく被写体を際立たせて撮影できるということ。

つまりiPhone12シリーズは、これまでのモデルより暗い条件でもキレイに撮影できるようになりました。

特に一番上位モデルのiPhone 12 Pro Maxは搭載しているセンサーサイズが更に大きくなるので、暗い場所で撮るビデオの画質が87%も向上するとのことです。

 より一層向上した手ブレ補正機能

iphone-image_03
出典:Apple

iPhone11でも手ブレ補正が優秀だったんですがiPhone12は更にその機能が良くなりました。

特に一番上位モデルのiPhone 12 Pro Maxの広角レンズに装備されているセンサーシフト光学式手ブレ補正機能というのはスマホよりサイズが大きいデジタル一眼レフカメラなどに搭載されているもので、より強力な手ブレ補正機能が期待できます。

この機能は、歩きながらの撮影や、動きの激しい子供やペットを撮影するときに効果を発揮すると思われます。

空間を瞬時に認識する「LiDARスキャナ」を搭載

iphone-image_LiDAR
出典:Apple

LiDARスキャナが付いているのはProシリーズの2機種のみ。

このLiDARスキャナは空間にある人や物などの位置を瞬時に正確に把握する機能で、iPhoneと被写体、そして背景の距離が一瞬で正確に測ることができ、暗い条件でもピントがくっきりシャープに合わせやすくなります。

映画レベルの美しさで撮影できる「Dolby Vision」

iphone-image_04
出典:Apple

Appleの説明によると

  • ビデオ撮影の性能を8ビットから10ビットのHDRへ引き上げ
  • 色の数が60倍
  • 7億色をとらえられるように

とありますが、要するに無茶苦茶キレイに映像が撮れるってこと。映画レベル並に高画質です。

明暗の差が大きいと白トビや黒つぶれが生じやすいですが、細かい色の微妙な階調もとらえることができるので軽減してくれそう。

Proの二機種はDolby Vision HDRを60fpsで撮影できますがiPhone 12とiPhone 12 miniは30fpsでしか撮影できないので作品の目的によって注意が必要になってきます。

動画撮影を重要視するなら「iPhone 12 Pro Max」一択

iphone-image_05
出典:Apple

以上を踏まえて、iPhone 12シリーズの進化している一番のポイントはカメラ機能といっていいでしょう。

特にiPhone 12 Pro Maxは撮影性能が非常に高くて、カメラにスマホ機能がついているといってもおかしくありません。センサーサイズの大きさや強力な手ブレ補正機能はiPhone 12 Pro Maxを選択する大きなストロングポイントとなるでしょう。

カメラ機能にこだわる人やスマホで写真や動画をガンガン撮影するっていう人はiPhone 12 Pro Maxを選ぶのがベストだと思います。

「iPhone 12 / Pro / Pro Max / mini」4つのモデルのうち、どれを選ぶか

iphone-image_06
出典:Apple

カメラ機能を重要視するならiPhone 12 Pro Maxで決まりですが、そこまでの機能は必要ないというのでしたらiPhone 12とiPhone 12 miniはサイズ以外、性能的にほぼ同じなので小さくてコンパクトなスマホが好みならPhone 12 miniを、画面のサイズが大きいほうが好みならiPhone 12を選べばいいでしょう。

夜間や暗い場所で撮影することが多い、背景をボカした人物撮影で望遠レンズを使いたいといった方はProを選んだ方が満足のいく撮影ができると思います。

「iPhone 12 / Pro / Pro Max / mini」へ機種変更するのがオススメな人

iPhone 12 mini と旧バージョンのiPhone

ここまでiPhone 12シリーズの撮影機能向上点について解説してきましたが、iPhone 11と比較して劇的に変わったかと言うと、そこまで大きな違いは無いと言うのが正直なところ。

それぞれ同じ条件で撮影した動画を見比べてみても、日中であれば、どちらで撮影した動画なのかを見分けるのは難しかったです。ただし夜間だとやはりiPhone 12シリーズのほうがキレイに撮影できる印象でした。

なのでiPhone 11シリーズをお持ちの方は無理をしてまで買い換える必要は無いと思います。

iPhoneⅩより以前の機種をお持ちの方はiPhone 12シリーズへ買い換えることにより、撮影機能の向上と操作の快適さを感じることができるので機種変更するのをオススメします。

iPhoneだけで本格的な動画を撮影したい方は周辺機材を紹介した記事もあるのでチェックしてみてください。

iPhoneを使った動画撮影テクニックに関しては以下の記事のチェックしてみてください。

工夫次第ではスマホだけでプロ並みの映像作品を作ることも可能なのでiPhoneでの動画撮影をぜひ楽しんでください。

動画つくーる

これから動画を学びたい人に向けたスクール開校!

撃戦地てんちょーやメーカー認定講師による動画教室

動画つくーるの撃戦地てんちょーが、動画制作のセミナーを開始しました。
ご興味のある方は是非コチラからご連絡ください!

スマホ1台でゼロから始める方や、プロの写真家だけど動画を学びたい方へ
YouTubeなどPRに役立てたい、動画編集を仕事の武器にしたいなど歓迎です。

この記事を書いた人

ミナミ シゲユキ

フリーランスの動画クリエイター。
都市部と地方とで生じている情報・貧富・機会の格差問題を解消すべく、各地の団体を訪問して、ITサービスや動画の活用方法をサポートしています。
時代の流れに合わせて柔軟に対応し、 時間と場所にとらわれないワークスタイルの確立を目指し活動中。

大阪 動画機材のトライアルショールームご案内

映像機材の購入を検討してるけど、作ってみたい動画がキチンと作れるのか?色々試して確認でしたい。いきなり高額な商品を買うのは心配だなという方に向けてお試しできるショールームをご用意しています。

動画つくーるのオンラインストア

動画つくーる選りすぐりの動画機材をオンラインでも販売しています。

撃戦地てんちょー

【登録者700名突破!】動画つくーるのYouTubeチャンネル

動画つくーるトライアルショールームの店長、瀧野恵太がYouTubeチャンネルをはじめました。

「動画つくーるチャンネル」は、動画を作る人に向けて〝動画の作り方〟を学べる情報を配信や、ショールームのお知らせを紹介して行きます。

毎週金曜日に17時30分に投稿しますので、見てくださーい!

マンツーマンで学べるプライベートレッスン

動画つくーるのスクールなら、撮影・編集・制作等の専門の動画技師からマンツーマンで動画制作を学ぶことができます。

作りたいものをヒアリングして、そこから必要な最低限の知識だけも学ぶことができるので、時短最速で習得するということも可能です。是非お問い合わせください。