イベント情報
  • 『映像クリエイターの作品を参加者同士で見せ合う交流会』映像ワークスタイルLAB.18

     2022.11.25  19:00 - 21:00

    大阪をはじめ、関西・西日本のビデオグラファーを応援すべく、北浜に集結し映像に関するナレッジをシェアします。初参加の方、動画制作未経験者も大歓迎!
    ➡︎ 参加申請する

【何が変わった?】iPhone 14とiPhone13シリーズの動画撮影機能を比較してみた(Plus/Pro/Pro Max)

iPhone 14 Proのイメージ画像_01

2022年9月に発売された新型「iPhone 14」シリーズ。今回は「iPhone 14」「iPhone 14 Plus」「iPhone 14 Pro」「iPhone 14 Pro Max」の4種類になり、前のiPhone 13シリーズからのモデルチェンジに伴って新しい動画撮影機能が追加されています。

しかし新機能搭載と言っても

「iPhone 13と何が変わったのかわからない」

「新機能がどんなシチュエーションで役に立つのか知りたい」

「14 / Plus / Pro / Pro Maxの4種類のどれを選べばいいの?」

という疑問を感じている人が大半なのではないでしょうか。

本記事では映像制作のプロ目線で、スマホやカメラの専門的なことが分からない方でも理解できるように「iPhone 14」シリーズの動画撮影機能について解説します。なので「iPhoneで動画を撮影する機会が多い」「iPhone14へ機種変更しようか検討中だ」という方は参考にしてみてください。

まずは抑えておきたい「iPhone 14 / Plus / Pro / Pro Max」搭載レンズの違い

新しいiPhone 14シリーズの外観やカラーバリエーションは以下の通り。

iPhone 14 カラーバリエーション
出典:Apple https://www.apple.com/jp/iphone/
iPhone 14 Pro カラーバリエーション
出典:Apple https://www.apple.com/jp/iphone/

iPhone 14シリーズの4機種を比較する際、『iPhone 14 / 14 Plus』と『14 Pro / 14 Pro Max』の大きく2つにわけるとわかりやすくなります。

iPhone 14 レンズ比較

搭載しているレンズの種類は『iPhone 14 / 14 Plus』がメインと超広角の2つ、『14 Pro / 14 Pro Max』がメイン・超広角・望遠の3つになり、前モデルの13シリーズと変わりありません。

遠くの被写体を大きく撮影できる望遠レンズが欲しい方や画質にこだわるという方は「14 Pro」か「14 Pro Max」を選ぶようにしましょう。

カメラのレンズ性能がアップしたProシリーズ

iPhone 14 Pro レンズの性能
出典:Apple https://www.apple.com/jp/iphone/

「 Pro」と「Pro Max」のメイン広角レンズにはクアッドピクセルセンサーを内蔵する4800万画素のカメラが新たに搭載されました。これはiPhone 13 Proの1,200万画素より4倍の画素数で、よりきめ細やかで美しい画像を撮影することが可能です。また光を取り込む性能が向上しており、暗い場所でもより明るくキレイな撮影ができるようになっています。

このクアッドピクセルセンサーによってズーム倍率もこれまでの0.5倍、1倍、3倍に加えて2倍望遠での撮影も可能になりました。ポートレート撮影をする機会が多い人には嬉しい機能です。

手ブレのない滑らかな映像を撮影できるアクションモード

iPhone 14 アクションモードのイメージ画像
出典:Apple https://www.apple.com/jp/iphone/

iPhone13シリーズにも搭載されていたセンサーシフト光学式手ブレ補正機能が第2世代にバージョンアップ。更に強力な手ブレ補正をかけたければ「アクションモード」をONにすることで、激しい動きをしながらでも、まるで電動のジンバル(スタビライザー)を使ってるかのような揺れのない滑らかな映像を撮影することができます

映画レベルの撮影ができるシネマティックモードが更にパワーアップ!

iPhone 14 シネマティックモードのイメージ画像
出典:Apple https://www.apple.com/jp/iphone/

「シネマティックモード」とは被写体の状況に合わせて自動でフォーカスを調節してくれる機能のこと。簡単に言えば背景を良い感じにボカしてくれたり、ピントを合わせる被写体を自動で調整してくれる機能で、iPhone 13シリーズから搭載されました。

そのシネマティックモードが24fps 4K HDRで撮影できるようになり、映画と同様の撮影が可能になりました。よってプロが使用しているシネマカメラで撮影した映像とつなげても何ら遜色がない仕上がりにできます。

フロントカメラにオートフォーカス機能を搭載し暗所撮影機能も向上

iPhone 14 Proのイメージ画像_02

自撮り撮影に使用するフロントカメラ(インカメラ)にオートフォーカス機能が新たに加わりました。これにより複数人でのグループショットを撮影するときでも一人一人にフォーカスがしっかり当たるように。また背面カメラと同様に光を集める機能も38%向上しており、暗い場所でもノイズが少なくキレイな映像を撮影できるようになっています。

「iPhone 14 / Plus / Pro / Pro Max」4つのモデルのうち、どれを選ぶか

iPhone 14 Proのイメージ画像_03

新しく追加された動画撮影機能を体感したければ、迷わず「14 Pro」か「14 Pro Max」を選びましょう。最新のiPhoneが欲しいけどカメラや動画撮影に特別なこだわりが無ければ「14」や「14 Plus」で十分。あとはそれぞれ画面の大きさやバッテリーの持ち時間を優先する場合はディスプレイサイズの大きい「14 Plus」「14 Pro Max」がオススメです。

iPhone14シリーズへ機種変更するのがオススメな人

iPhone 14 Proのイメージ画像_04

以上「iPhone 14」シリーズの動画撮影機能について解説してきましたが

  • シネマティックな動画を4Kで撮影したい人
  • 移動しながら、動きながら動画を撮影したい人
  • 自撮り撮影をする機会が多い人

そんな人はiPhone 14シリーズに機種変更するのをオススメします。ただし選ぶなら「14 Pro」か「14 Pro Max」にしましょう。その方がより多くの恩恵を受けることができます。

そこまでカメラ性能にこだわりがなければ「14」や「14 Plus」、また価格が下がった「iPhone 13シリーズ」の方がお得感があって良いのではないでしょうか。

また4~5年機種変更していない方は最新のiPhoneを使うと撮影機能の進歩に驚くこと間違いないので、ぜひ一度iPhone14シリーズの購入を検討してみてください。

動画つくーるのタキノ店長がiPhone 14のカメラ機能や撮影に役立つ周辺機器についてYouTubeライブで解説してくれています。ぜひチェックしてみてください。

「iPhone13」「iPhone 12」シリーズの動画撮影機能をレビューした記事もあるので比較したい方はチェックしてみてください。

iPhoneを使った動画撮影テクニックや周辺機材に関する記事もあります。iPhoneでの動画撮影をレベルアップしたい方はチェックしてみてください。

この記事を書いた人

ミナミ シゲユキ

フリーランスの動画クリエイター。
都市部と地方とで生じている情報・貧富・機会の格差問題を解消すべく、各地の団体を訪問して、ITサービスや動画の活用方法をサポートしています。
時代の流れに合わせて柔軟に対応し、 時間と場所にとらわれないワークスタイルの確立を目指し活動中。

大阪 動画機材のトライアルショールームご案内

映像機材の購入を検討してるけど、作ってみたい動画がキチンと作れるのか?色々試して確認でしたい。いきなり高額な商品を買うのは心配だなという方に向けてお試しできるショールームをご用意しています。

動画つくーるのオンラインストア

動画つくーる選りすぐりの動画機材をオンラインでも販売しています。

マンツーマンで学べるプライベートレッスン

動画つくーるのスクールなら、撮影・編集・制作等の専門の動画技師からマンツーマンで動画制作を学ぶことができます。

作りたいものをヒアリングして、そこから必要な最低限の知識だけも学ぶことができるので、時短最速で習得するということも可能です。是非お問い合わせください。